あぁもう、まいった!=ゆるぶろぐ=

「書きたいことを、書きたいときに」

Anke ウルトラコンパクト Bluetooth ワイヤレスキーボードは値段も性能も優れもの!iPhoneやiPadをPCのように使いたい人は絶対に買うべき【使い方説明有り】

f:id:maittakun-ksk:20180204221221p:plain

初めてBluetooth対応キーボードを買おうと思っているけど、沢山ある種類の中からどれを買おうか迷っている人、特に私のような少しでもブログ環境を快適にしたいブロガー初心者にこそ使って欲しい!と強くオススメするAnker「Ultra Compact Bluetooth Keyboard」を紹介します。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト

 

iPhone,iPad利用者こそ使うべき!

 下記で詳しく説明しますが、このキーボードにはf1〜f12キーにショートカット機能(ホーム画面に戻ったり画面を明るくしたり)が備わっています。これらのショートカットキーが唯一全て対応しているのが対応OSの中でiOSだけなんです。iOS(iPhoneiPad)で使用する時に最大限に性能を発揮することができます!

このキーボードの性能は?

  • 対応Bluetooth規格 Bluetooth 3.0
  • サイズ 284 × 122 × 18.5mm
  • 重さ 190g
  • 接続範囲 最大10メートル
  • 連続作業時間 360時間
  • 2 × AAバッテリー(単4電池2本)
  • 動作環境温度 −10℃~+55℃
  • キーの使用可能回数 約500万回
  • 対応OS iOS,Android,Mac,windows

なんといっても軽くて持ち運びやすく、iPhoneAndroidに対応しているという点が非常に魅力的ですよね!

f:id:maittakun-ksk:20180204221250j:plain

 この薄さゆえの軽さ!上部の出っ張っている部分に電池を入れます。この部分の高さのおかげで、一般的なキーボードと同じように手前に起こして手首に無理なくキーボードが使用できる角度になります。
 

f:id:maittakun-ksk:20180204221307j:plain

 カラーはブラックとホワイトの2種類。私はホワイトを選びましたが、ホワイトと言うより全体がシルバーでキー部分だけがホワイトです。iPhoneで使うならこちらを選択した方がMac感があるんではないでしょうか?

キーボードを使う利点って?

  最大の利点は作業スピードの向上です。基本的にiPhoneiPadは片手でフリック操作を行い文字入力をしないといけないため入力スピードが遅くなりがちですが、キーボードを使えば両手を使うので、慣れている人ならフリック操作より格段に文字を入力するスピードが上がります

 スタバやマック等の、小さなスペースがあればどこでも記事を書くことができる点も大きな利点ですね。「それならキーボードが無くてもiPhoneなら同じじゃね?」と思われそうですが、画面を顔に近づけて常にiPhoneを支えるために腕を固定し続け、その上フリック操作で手首を酷使するのとはわけが違いますキーボードがあることで、ちょっとした時間と空間を楽な姿勢で効率良く使うことができるようになります。
 何より見た目がスマートで、今まで以上にiPhoneを活用できているような気がしますし、いかにも仕事ができる感が出ます。これ大事。

オモチャみたいな使用感?

  値段が安いし、オモチャみたいなキーボードかも…と思いきや、タイピングするとしっかり返ってくる感覚があるため普通のキーボードと比べても遜色無い使用感です。

 このキーボードがあることで、iPhoneを操作すると言うよりもパソコンを操作している感覚が強いので集中してブログを書くことができます。

 何よりBluetooth接続なのでコードレスでキーボードを使用することができる上に、非常に薄くて軽いので持ち運ぶ際も邪魔になりません。

Bluetooth接続が簡単

 Bluetooth接続をする時は、まず左下のfnキーとBluetoothキー(zキー)を同時に押します。するとキーボードの電源ランプが2秒ほど光った後に点滅するので、後はiPhoneからBluetoothバイスを検索してください。

 「Anker A7726」が出てきたらそれを選択するだけで簡単に接続完了です。

 iPhoneの場合なら「設定」→「Bluetooth」でデバイスの検索が出来ます。

ショートカットキーが超使える!

  • f1でホーム画面に戻る
  • f2とf3で画面の明るさ調整
  • f4で素早く検索
  • f5で画面にキーボードを出せる
  • f6〜f8で早送り・再生・巻き戻し
  • f9でミュート
  • f10とf11で音量調節
  • f12で画面ロック

 

 キーボードだけで上記の操作が出来てしまうのは凄すぎる!(*゚∀゚*)

 

これらは付属のガイドブック(説明書)に記載されているので、必ず目を通しましょう。

 ちなみにいざガイドブックを開くと英語の説明しか記載が無い…と思いきや、最後の方にちゃんと日本語での説明も記載されているので安心してください。

 f1はホームに戻るだけじゃ無い

 気づきにくいですが、f1キーは1度押すとホームに戻り、2度押しするとクッキーを表示し、長押しするとsiriを起動することができます

 この機能があることで、キーボードの利便性をさらに向上させているんです!

 そしてこれら全ての機能の恩恵を唯一全て受けることができるのがiOSだけなんです。

省電力モードでスリープ

 省電力モードがあり、30分間使用していない状態が続くとスリープモードになります。起動するには適当なキーを押して2秒待つとBluetoothが再接続されます。電池残量が少なくなった時には電源ランプが点灯するので、動かなくなるまで気づかないということはありません。

心配な点

 恐らくこのキーボードの強度は190gという軽さからして、落としたりぶつけたり等の衝撃には非常に弱いと思われます。なのでタイピングに力が入ってしまう人にはあまりオススメ出来ません。

 裏に滑り止めが付いていないので、ツルツルした机などでは安定してタイピング出来ないのも少し使いづらい点かなと思います。

 バッテリーが充電式では無いので、電池残量が無くなった場合、電池の替えが無いと使用できなくなる点も使いづらそうですね。

商品の保証はあるの?

 Ankerではすべての製品に対し購入日から18カ月間の保証してくれます!

 ガイドブックの記載によると

「Anker公式ウェブサイト、Amazon楽天市場におけるAnker公式ショップまたはAnker当社が認める小売業者から購入された製品に対してのみ、アフターサービスと製品保証を提供している」

ということなので、買うならAmazon楽天市場がオススメですね!

私なりのオススメ使用方法

 f1キーでsiriを起動できるので、siriに開いて欲しいアプリを伝えて画面をノータッチでアプリを起動して利用しています。

 iOSではマウスが使えないので、全く画面を触らずに操作するのは無理ですが、siriを活用することで極力キーボードのみで操作することが可能です。

 

 上記のショートカットキーの他、

  • ↓キーで画面を下へスクロール
  • ↑キーで画面を上へスクロール
  • commandキー+↓キーでページ最下部へ
  • commandキー+↑キーでページ最上部へ
  • commandキー+←キーでページを戻る
  • commandキー+→キーでページを進む

 

という操作もできます。

 ちなみに私はこんな風に使用しています。

f:id:maittakun-ksk:20180204221227j:plain

 写真用に使っていないiPhone4sを置きましたが、普段はiPhone6sを使っています。

 iPhone8やiPhoneXを使用している人は画面が大きいので、より使いやすくなりそうですね!

まとめ

 最近全然ブログを更新できていない私が、どうにかしてブログを書き続けられることができる環境を整えようと思ったのが、このキーボードを購入したキッカケです。

 今回買ってみたAnker Ultra Compact Bluetooth Keyboard(アンカーウルトラコンパクトブルートゥースキーボード)は、2,000円以下で購入ことができるのにこの性能の高さでコスパの良さに驚かされました(*´-`)

 値段と性能から考えると初めてBluetoothキーボードの購入を考えている人には是非オススメしたい製品だと思います!

 私的には、こうしたガジェット1つでブログへの意欲がより高まったのが1番の効果ですね。

 

↓購入はこちらから↓

スポンサーリンク